ソーイウコト!

[ - ]


要件を聞こうか…

ヤー、メデタイヨネェー

む…要件を聞こうか

ナンテッタッテ、ソレニツキルヨネー
サ、ツメタイコーヒーデモノンデサ

よ、要件…聞きたいかな

モ〜、ムツカシイコトイワナイノ
メデタイッショ!?

そ、そうだね、めでたいよね

ソーイウコト!

2019.08.12 Monday 00:00 | comments(0) | - | 

ドライヤーデイズ

[ - ]


季節のお便り
作品名『おニクはレアで、麺は固茹で 〜 僕ダヨ』

おーい、だーれかー
ドライヤーのスイッチ、切り忘れてますよ〜!
何度、そう問いかけてみても
一向に誰もスイッチを切ろうとしない午後に

後頭部のカリアゲはウェルダン
オレ、レアが好きなのに…などと呟きながら
枝や葉っぱをセッセと集めて
キミはいったいナニをしてるのかね?

ナニをしてるのか?
そんなこと、言われ続けな今生の気もするが
楽しいよ、キミは何してる?

いや〜今年の夏はスゲいかったよなぁ
そーだったっけ!?
そぉ〜よ〜!やだなぁ、もー

なんて会話、きっとするのであろう頃の
ポップなウレシ事とも、幾つかの握手

さあさ、このドライヤーデイズを乗り切って
レッツゴー

2019.08.11 Sunday 00:00 | comments(0) | - | 

あんよは上手

[ - ]


雨の季節には、まだヨチヨチ歩き

雨の音を聞きながら
「あんよは上手」
呪文かのように、繰り返し言い聞かせ

雨が上がり始める季節頃には
あんよ、すっかり楽しくなっちゃって

雨にやられたライクな汗、滴る
すでにあの雨の季節が懐かしい、今

出来なかった歩き方で、時々歩いてる
新しいチャンネルになり始めている

2019.08.10 Saturday 00:00 | comments(0) | - | 

無駄にしてはいけない

[ - ]


梅雨明けからこっち

ただでさえ、夏は不得手だというのに
猛とか酷とかが飛び交ったスタート時点では

こりゃ〜…ダメぢゃ、即ギブか…

こんな日々が続いちったりするのであれば
ビタレン!地につっ伏すのは何日めだ?想定で
諸々をナニしてみたりしていたけれど

さいわいにして、No ビタレン!にて
オーガストソングを鼻歌っている

こりゃ〜…いけちゃってるねぇー
案外いけるもんだな…

ああ…そうよねぇ、なんつって
これまで今生のアレコレを巡らしながら
ここから今生のアレコレを学んでいる

無駄にしてはいけない

2019.08.09 Friday 00:00 | comments(0) | - | 

ポップなジーン

[ - ]


こんな、そんな、イメージ多し

暮らしの中で
ここのところ口にすることの多い言葉

口にするってことは、当然必然
オマエもな!はーい、そ〜いうこと!

お尻ペチンすれば
オテテもジーンとするように

ポップなジーンにすべく
すっぺ!

2019.08.08 Thursday 00:00 | comments(0) | - | 

わーい

[ - ]


いつもの時間を過ごしそうだったから
ちょっとだけ欲ばって、わーい

いつもの道で見かける可愛い犬と会えたから
ちょっとだけ手前で曲がって、わーい

いつもの会話でよいのもわかっていたから
ちょっとだけ言葉に彩をつけたくなった

どんな状況で、そのポーズをとったのか
万事お手上げ、じゃないことは、確か

確か、ということにしてもいいでしょ?
わーい、って、一緒に言ってくれたってことで

2019.08.07 Wednesday 00:00 | comments(0) | - | 

思えるということ

[ - ]


なーんて色なんだろーか!
なーんてことを

こうして、こんな風に
思えるということ

思うようにはいかないことと
日々様々に遭遇したとしても

思うようにはいかないことをも
まずは、思えるということ

おーい、と言って手をふってみせる
おーい、と言って笑ってみせる

2019.08.06 Tuesday 00:00 | comments(0) | - | 

知らなかった

[ - ]


たぶんアリンコはスマフォを知らないし

どこかのオイさんによって
自分の姿が写真に収められている
なんてことも、たぶん知らないし

そもそもアリンコは写真も知らないだろうし

汗をたらした、どこかのオイさんが
自分の姿を眺めながら
妙に背中を押される気分になっていた
なんてことも、まず、知りはしないだろう

俺もさっきまで知らなかった

そして同じ場所で、同じ時間が流れている

2019.08.05 Monday 00:00 | comments(0) | - | 

吉報、来タル

[ - ]


吉報、来タル

風のないテーブルの上に
いつの間にか乗っているメモのよう

君からの便り、だいたいはそんな風

イキのよいピンボールのように
上下、左右、斜めに全身を弾かせながら
必死に走ってくる犬のよう

君からの便り、時々はそんな風

機種によっては割愛される
時計の秒針であるかのように
そこにいようとすることの多い君

戦慄の裁判の場で
決定的な目撃証言をブチまけた
勇気あるトムソーヤの役を

いつか一緒に演じたい

2019.08.04 Sunday 00:00 | comments(0) | - | 

今年も元気

[ - ]


毎年
進化しているのであろう遠くで弾ける色

毎年
進展している風が嬉しい大人の会話

今年も元気
いつぞやの朝、起こしてくれたカメ

毎年
退化じゃないぞ!ながら寄る年波

毎年
まだまだー!酔った頭にあの鳥が飛ぶ

今年も元気
いろいろあるが、こうして、また

2019.08.03 Saturday 00:00 | comments(0) | - | 
<< | 2 / 454 PAGES | >>