愛着

[ - ]


歯ブラシの毛がひらいてくると
その本来的な働きでいえば
力は落ちているのは間違いないが

ファーって開いたそのサマに
なにか愛着もわいたりして

ああ、いつかのあの楽しかった夜
ああ、いつぞやの素敵だった日々
なにか、わかりあえてきたと思う頃に
なにか、その次、なんて感触が
指先にチリチリし始めたりする頃に
なぜか、岐路がやってくるものだ

などど感傷的を気どりながら
新しい歯ブラシをおろすと

うーん、やっぱ気持ちいいのー!

毎回、薄情なもんだと思いながら
愛着の素敵を思ったり
愛着の難しさを思ったりする

2020.05.18 Monday 00:00 | comments(0) | - | 
<< まるで | main | 麦事件 >>