溢るるマン

[ - ]


ただ、ボケーっとしてただけ
しかし、その割には

ハーリー・レイスの必殺ニードロップが如く
強烈な一撃をドア枠におみまいしたので
右ヒザに案外なダメージが残っている

だからといって、いかんいかん
そう楽チンに運んでもらったりしてたら
立派なラガーマンにはなれないので
階段を降りて、昇って、レッツゴー

ほんと、ぶつけた瞬間、火花が飛んだ

田んぼを駆けまわっていた頃は
そんな風に火花が飛ぶと
やや!?これはひょっとして…
ウルトラマンに変身できる可能性を信じ
変身ポーズをとってみたりしたものだ

降りて、昇って、うん、大丈夫だ

ウルトラマンには変身できなかったけれど
バンドマンになった

今生で、ラガーマンにはなれるだろうか?

2020.03.22 Sunday 00:00 | comments(0) | - | 
<< 息吹け、息吹け | main | 恵まれた帰り道 >>