幸あれ

[ - ]


昨日、そんなこと言ってたら
ダチーッ!とやってきた、冬

生まれて初めて
部屋に灯りをともした時のことは
まったく憶えていないけれど
灯りのともし方は
幸いにして、まだ忘れてはいない

コンのビニのレのジで
末端冷え性、かじかんだ手で
小銭をアワアワしていたら

「ゆっくりで大丈夫ですよ」

制服をだらしなく着くずして
全体的な動きにキレはなく
全体的に、お手本からは相当かけ離れた
イキった若者から、そのような一言
聞くとは思ってもいなかったので

ありがとう、びっくりしちゃって
思ったよりデケー声が出ちゃって
自分でもびっくり、ちょびオハズカシ

まだまだオレも青いな
若者よ、キミにも爆発的な幸あれ

2019.11.22 Friday 00:00 | comments(0) | - | 
<< わかってるの | main | しちゃうよねー >>