[ - ]


ナニ筆でも、棒を握って書くと

ボタンを押したり
キーを叩いて書いている時には
出てこない言葉が出てくる時がある

しかし、棒で書いていると

あれ、どんな字だったっけか?
とかモタモタやっているうちに
掴まえたはずの言葉や熱を
逃してしまうこともある

一気に進めたい時には
ボタンやキーは、とても助かる

すぐに、どっちの方が、などと
言ってしまうのはユメがない

2019.02.10 Sunday 00:00 | comments(0) | - | 
<< でけた | main | 阿佐ヶ谷、会いに来てね! >>