あぶないステッカー

[ - ]


先日、北の大地ツアーで頂いた
某コラボ商品特典ステッカーを貼ってみた

醸し出す、ものすげー所有され感

弾き終った頃には鍵盤もだいぶ汗ばんでいて

そーだ、借り物だからな
ちゃんとキレイに磨いておかな…ちがう!
これはオレの!
ほっぺを叩いて、我に帰る

まったくあぶないステッカーだよ

2019.12.08 Sunday 00:00 | comments(0) | - | 

知り始めている

[ - ]


とてもステキで、よき時間だった
ありがとう、ありがとう

あまり見ることのない
まだまだ知らない顔がある、嬉しかった

いつもと変わることなく
そうなの、こんな感じです〜、嬉しかった

行列はやはり長かった、けれどへっちゃら
へっちゃらな俺たちは、知っているのだ

タバコ1本分、ほーらね、えっへん!
へっちゃらな俺たちは、知り始めている

2019.12.07 Saturday 00:00 | comments(0) | - | 

歴史はくりかえした

[ - ]


つくりとしてはやや頼りなげ

でも、たいそうなわかれ道を左右する
なんとも頼もしい存在

これに手をかけりゃいいのかって
話ではあるけれども

こうして張りついているってことを
もう忘れてしまったからじゃなかろうか

2019.12.06 Friday 00:00 | comments(0) | - | 

ふたり稽古

[ - ]


年内ラストライブ『ワンマンライブを3人で』

に向けて、タカミくんとのふたり稽古
1曲1曲のアンサンブルを確認、構築、悶絶

クシャクシャになった山田印マル秘メモを片手に
さすがギター詩人、タカミくん
またもや、いくつもの名フレーズ、名景色を
生み出してくれました、描き出してくれました

はからずも、かのイカしたドラマー風ですが
リスペクトと感謝を込めて
「みーたかさん」そう呼ばずにはおれなかった

そんなお稽古風景の 1コマだぞい
みーたかさん、座っちったから
フレームアウトしておりますけんども

ヨシミツ殿の、ビートとボイスと
みーたかさんの、色と匂いを纏ったギターと
ムギ〜!楽しみです

どうぞ、期待しててくださいね
お待ちしてます!

ご予約・メッセージ等はコチラへお立ち寄り下さい!


◆2019.12.17(火)
下北沢 lown
『信夫正彦 〜ワンマンライブを3人で』
開場 19:00/開演 19:30
予約¥2,500/当日¥3,000(共に+ドリンク代)
With:伴慶充(Dr,Cho)、山田貴巳(Gt)
【お問い合わせ】lown
東京都世田谷区北沢2-34-8 北沢KMビル3F
03-6407-1919

2019.12.05 Thursday 00:00 | comments(0) | - | 

ナシ子ちゃん、ススムくん

[ - ]


これ!って正解はナシ子ちゃん

これ!って思いはアリ太郎

これ!って思いもアリ子ちゃん

これ?って思いがアリの助

これ!って思えばアユミちゃん

こ…れ!って思ってススムくん

2019.12.04 Wednesday 00:00 | comments(0) | - | 

喜んだりしてる

[ - ]


時々、伝えてくれる人もいる
わー、いたーって喜んだりしてる

そう、語感とか、数合わせとか
何も、テキトーに言っているのではなく

本当にそうなんだってば
そう、思わずにはいられないっぺ

2019.12.03 Tuesday 00:00 | comments(0) | - | 

北海道2Day、ありがとう!

[ - ]


信夫正彦 with 伴慶充、北海道2Days

訪道中はおだやかめな天候にて、此旅は優秀印
二人での禊ぎの1枚を撮ることもなく!
出発前に感じていたデッカイ予感をグン!越えて
ロッキンに、そのまま生響に
生きてるー!を幾度も全身に駆け巡らせた2Days

歌うということの、さらにのワンステップ
やや!なーんて掴んできてる気がします
ジツにジツに、シアワセ〜でした!

様々な毎日の中、会いに来てくれた皆さん
どこかで気にかけてくれていた皆さん
CRU-Zでシアワセ〜な夜をご一緒いただいた
Make'さん、the seamonkeysの皆さん
山本厚志さん、MOCKの皆さん
此旅もお世話になった、力を貸してくれた皆さん
本当にありがとうございました!

また無事にて、笑ってハローしましょうね!





2019.12.02 Monday 00:00 | comments(0) | - | 

札幌、ありがとう!

[ - ]


夕方だけど、冬はもう真っ暗
おはようございます、じゃなくて
こんばんは〜、って言いたくなる侍珈琲

いつも到着と再会の挨拶の後には
美味しい珈琲をご馳走になりながらの談笑

愉快ながら色々も思うその内容、中々に刺激的
こんなところからもライブは始まっている

今の感覚として、また違った趣きで歌えそうな
とても久しぶりの曲
生声生響、こういったライブで歌ってみたい
よく歌っている曲
次々と波が続いてくというよりは
一曲一曲を繋いでいって稜線が現れてくる
今回そんなライブにしてみたかった

ので

ライブスタート直後は、なんとなく
探っている感とも合奏していたけれども
そっかそっか、ああ、そーそー
侍珈琲の心地よい響きも思い出しつつ
だんだんと稜線を太く、濃くしていけました

また、本番中に伴さんがあんなに喋ったり
二人してヤイノヤイノ言いあったりすることは
普段のライブではあまりないことなので
いわば侍珈琲スペシャルってことでしょうか!



そんなヨシミツ殿にも、1曲歌って頂きました
こんなのとこんなの、どっちがいい?
とかなんとか言いながらも
かき鳴らしの力ワザには逃げなかったところが
ヨシミツ殿の、よしおちゃんたる所以か!?

強制支給、爽やか回収でお馴染みの
パーカッション天国と化した店内
皆さんとの素敵なワンチーム合奏が
気持ちよくって、嬉しくって
あと2時間おかわり!なココロでありましたが
おかわり!は、きっとまた来年に

幸いにしてこの夜も、シアワセ〜!
存分大いに生きてるー!にて、無事の終着

ありがとうございましたー!



2019.12.01 Sunday 00:00 | comments(0) | - | 

小樽、ありがとう!

[ - ]


6月に続き此旅も、天候に関してかなり優秀印
ほらー、オレじゃないんじゃないのぉー?
なんて軽口も嬉しき、小樽 CRU-Z

新曲(よい曲!)も新たな核となりそうなMOCK
CRU-Zを訪れる数多音楽人との共演数ときたら
きっと相当なものではないだろうか?
そんなバンドのタフさを振りかざすことなく
いつものように、ナイスレッツわが道!

座りのステージとハンチング帽子
これまでとまた違ったムードも携えた山本さん
彼ならではのルーパーの妙もさらに進化していて
会場全体の目と耳を釘付け&笑いで包む、名演!
すごいなぁ〜、さすがです

シンプルでカッコいいギターリフも健在
イカしたバンドサウンドのthe seamonkeysは
お久しぶりです!ながら大好きなバンド
後で聞いたら、皆さん忙しいご予定の中ながら
それを物ともせずのステージ、揺れた〜!

初めましてのMake'さん
たくさんライブをされているそうで
鍛えられた、よく伸びる澄んだ声で
熱いメッセージソングを

そして、オレたち
この日はロッキンなキャッチボールを意識して
30分に最新様の音と想いを詰めこんで
存分、大いに、い、生きてるー!
ありがたく頂戴したダブルアンコールでは
一部分「小樽スペシャルver.」でお届けしましたが
お稽古、本番含め、オレたち自身もビックリな
滅多に聴けない特別仕様をブチ込みました
それこそがライブ!
…わははノは、オホホホのホホ



これまた小樽スペシャル、ハンドマイクもね
だいぶね、様になってきたんじゃないかというね!
…どう?どうなの!?ほっかいどうー!

ありがとうございました!!


共演/MOCK、山本厚志、the seamonkeys、Make'



2019.11.30 Saturday 00:00 | comments(0) | - | 

明日から北海道2Days!

[ - ]


さあ!明日からは信夫正彦 with 伴慶充
北海道2Days、飛んで、跳んで、トビます!

昨日の二匹ぶつかり稽古もバッチリ
存分大いに生きてるー!の予感大、楽しみです

ヨシミツ殿、スティックくるくる回して
「オレのロッキン魂…見せてやんよ」
ジツに頼もしいばかりです

さらにヨシミツ殿、のど飴ナメナメ発声練習
「で、信夫よ。オレっちは何曲目だい?」
さすが、隠れフィンガーピッキングの名手
ええ、存分に歌って頂きましょう、生声生響

「寒くなりそーだからカンベンしてよ!」
なぜかクギを刺されております、信じるオトコ



数年前「時期的想定外量の雪を連れてきた容疑」で
セーター空に放り投げ、禊ぎました、25時
今回、二人での1枚にならぬよう…祈るー!

何はなくとも、まずは互いに無事で
笑って会いましょう、会いに来てね!

◆2019.11.30(土)
小樽 CRU-Z
開場17:30/開演18:00
予約¥2000/当日¥2500(共に+1drink ¥500)
共演:Make'/the seamonkeys/山本厚志/MOCK
【お問い合わせ】CRU-Z
北海道北海道小樽市稲穂3-15-13
otarucruz@yahoo.co.jp(イガラシ)

◆2019.12.01(日)
札幌 侍珈琲
開場19:00/開演19:30
料金/¥2,000(+ドリンク代)
※ワンマンライブです
【お問い合わせ】侍珈琲
北海道札幌市西区西野4条6丁目1-20
011-661-2525

2019.11.29 Friday 00:00 | comments(0) | - | 
 | 1 / 465 PAGES | >>