明日から! ” ROAD TRIP 2018 “

[ - ]


明日からは、黒水伸一TRIOツアー
” ROAD TRIP 2018 “

シャチホコのように凛と背筋を伸ばしたら
金平糖のようにカタく、キラキラ輝いて
桜えびのようにイキイキと跳ねっちゃう、の旅

数多、生きてるー!な瞬間の連続と
存分に出会ってこようとワクワクしています

もう、まだ、やっと、なんだか
いろいろな12月、さまざまな日々だとしても
何はなくとも、まずは互いに無事で!

お会いしましょう、会いに来てね!


◆2018.12.12(水)
名古屋 ell.SIZE
開場 19:00/開演 19:30
予約 ¥2,000/当日 ¥2,500(共に+ドリンク代)
共演:Masaharu Iwasaki / kojika sickness
※ 黒トリは20:50スタート予定
【お問い合わせ】ell.SIZE
愛知県名古屋市中区大須2-10-35
TEL:052-201-5004

◆2018.12.13(木)
京都 拾得
開場 17:30/開演 19:00
料金 ¥2,500(+ドリンク代)
共演:GODNEWLOVE
※ 黒トリは20:00スタート予定
【お問い合わせ】拾得
京都府京都市上京区大宮通下立売下る菱屋町815
TEL:075-841-1691

◆2018.12.14(金)
静岡 LIVEHOUSE UHU
開場 18:00/開演 19:00
料金 ¥2,500(+ドリンク代)
共演:ゼンザエース/かくれみの/クロキユウタ
※ 黒トリは20:30スタート予定
【お問い合わせ】LIVEHOUSE UHU
静岡県静岡市葵区七間町9-10
ワイシーシー第2ビルB1
TEL:054-253-1418

2018.12.11 Tuesday 00:00 | comments(0) | - | 

やっぱり今日もそうだった

[ - ]


偶然、テレビで流れて
久しぶりに聴いた、好きな一曲

初めてその曲を聴いた時から
幼少期に住んだ街の幾つかの光景を
パタパタ漫画のような質感で
頭というよりは、胸のあたりで
再生させられてしまう一曲

やっぱり今日もそうだった
なぜなんだろう?
音楽ってステキなやつだ

2018.12.10 Monday 00:00 | comments(0) | - | 

すこしばかり

[ - ]
ずっと同じ、ずっと同じだ
ずっと同じものを見てきたし
ずっと同じものを見ていくだろう

ずっと同じ、ずっと同じだったから
よく噛めるようになった
何でもかんでも飲み込まなくなった

白髪ふえた?と人が問う
白髪ないねーと人が言う
白髪は昔からあった
アホ毛がすこしばかり増えた

2018.12.09 Sunday 00:00 | comments(0) | - | 

オカザキさん

[ - ]
オカザキさーん、オカザキさーん

向こうから歩いてくる女性が
すぐ近くまで来た途端、手を振るのをやめて
わあ違う!ごめんなさい〜
わあ!って、びっくりしたのはオレの方です

なるほど、きっとオカザキさんって
隠そうとしても隠しきれない、優しさや
知性、教養、ユーモア、頼もしさ、ナドナド
それらが溢れて、こぼれっちまうほどの
ステキfullな男性にちがいないな

しかし、まれにまったくの人違いで
襲撃事件や発砲事件に巻き込まれる、なんて
何とも理不尽でオトロシー話もある

ミメウルワシキ女性だったもので
なんならもうちょっとの間
オカザキさんでもよかったけれども

願わくば、おう…ようやく見つけたぜ…
の方の、オカザキさんではありませんように

頼みますよ、オカザキさん

2018.12.08 Saturday 00:00 | comments(0) | - | 

まるで南極

[ - ]


これからどんどん寒くなっていくと

ほほう、ではそんな季節だからこそ
いつもより多めでジョリっていこう

鎖骨あたりから上が、まるで南極だ

2018.12.07 Friday 00:00 | comments(0) | - | 

トリップ!名古屋、京都、静岡へ

[ - ]


黒トリ、リハーサル

プレシジョンベースが、まるで
ショートスケールのギターかのようだった
ピアノ、88本の鍵盤すべてから
ワタシヲ叩イテー!ボク二触レテー!
と聴こえてくるかのようだった

「明日のリハだけど…」
前日に伸アニから連絡をもらっていたゆえ
『素直が服を脱いで、素直という海を泳いでいる』
で、おなじみのワタクシメでありますゆえ
ならばちょっとだけ、と
シュークリームをブチ込みながら向かったゆえ

糖分が駆け巡って、いつもよりさらに
頭が良くなってしまったに違いない

しかし、まあ、そうは言ってもね…と
珍しく!ちょっとヒネクレてみたのは
結果、よかったのでありました

来週、水曜日からの” ROAD TRIP 2018 “

頭が良いのは仕方ナシ、嫌味にならぬ程度で
いかにも素直に!少しだけヒネクレて
トリップしよう


◆2018.12.12(水)
名古屋 ell.SIZE
開場 19:00/開演 19:30
予約 ¥2,000/当日 ¥2,500(共に+ドリンク代)
共演:Masaharu Iwasaki / etc
【お問い合わせ】ell.SIZE
愛知県名古屋市中区大須2-10-35
TEL:052-201-5004

◆2018.12.13(木)
京都 拾得
開場 17:30/開演 19:00
料金 ¥2,500(+ドリンク代)
共演:GODNEWLOVE
【お問い合わせ】拾得
京都府京都市上京区大宮通下立売下る菱屋町815
TEL:075-841-1691

◆2018.12.14(金)
静岡 LIVEHOUSE UHU
開場 18:00/開演 19:00
料金 ¥2,500(+ドリンク代)
共演:ゼンザエース/かくれみの/クロキユウタ
【お問い合わせ】LIVEHOUSE UHU
静岡県静岡市葵区七間町9-10
ワイシーシー第2ビルB1
TEL:054-253-1418

2018.12.06 Thursday 00:00 | comments(0) | - | 

高田馬場にて、全曲ライブシリーズ

[ - ]


全曲ライブシリーズ<NG!>+<はるか>
小山さんとのリハーサル

既演曲でも2人では初演奏だったり
新たにトライなアレンジだったり、ながら
順調快調純情で、リハーサルも無事終了

ではでは、いざ行かん

お疲れ様でした&怪気炎アゲの席は
あまりない、珍しいパターン
空っぽだったワタクシめのポンポンは
はちきれんばかりに、パンパン!

そして、その気骨、闘争心!?
あまり見たことのなかった
小山さんの一面を垣間見たような気がして
なにか嬉しかったのココロ
と、同時に、だからこそ
小山さんの小山さんたる所以なのだな
と、なるほど納得のココロ

そんなわけで、未知の全曲ライブシリーズ
エネルギーに満ちミチ溢れたライブ、必至!


◆2018.12.16(日)
高田馬場 Live Cafe mono
” 小山卓治 | 新・全曲ライブシリーズ<NG!>+<はるか> “
開場 16:30/開演 17:00
※入れ替えなしの2部構成となります
予約 ¥4,500/当日 ¥5,000
(共に+2ドリンク or 1ドリンク+1フード代)
(1ドリンク+1フードご希望の方はご予約時にお伝えください)
出演:小山卓治/<サポートメンバー>
信夫正彦 from Wonder5(piano)
※ご予約はRIBBON INFORMATION(電話/メール)にて
【会場詳細】Live Cafe mono
東京都新宿区高田馬場2-18-6 柳屋ビルB1
03-5389-9191
【ご予約/お問い合わせ】RIBBON INFORMATION
03-6915-9775
takuji@ribb-on.com

2018.12.05 Wednesday 00:00 | comments(0) | - | 

妥当なところ

[ - ]


しゃーねーか、と思いかけて
いやいや、しゃーねくねーわな

まあ、だから、そんなものなんだろう
ってことに落ち着くのが妥当なところか

勘弁してチョーダイ!

2018.12.04 Tuesday 00:00 | comments(0) | - | 

12月

[ - ]


今年の初め頃を思い返すと
ウソみたいなハナシ

もう12月だっていうのに
なんだかウソみたいな天気

ウソだーって言いながら
言った瞬間に確信することもある

ずっとウソみたいな感覚で
信じて、確信し続けてきたような感覚

気づけば、もう12月
いや、ちゃんと知ってる12月

2018.12.03 Monday 00:00 | comments(0) | - | 

阿佐ヶ谷のお天道様の下で、ありがとう!

[ - ]


12月2日、日曜日、お天道様の下
” 小山卓治 × 黒水伸一 × 信夫正彦 “
at 阿佐ヶ谷ハーネス

本番前の喫茶店で、終演後の宴にて
小山さんと伸アニが並んで座って喋っている
そんな、いわばあたりまえの光景や

本番、ステージ、ギター3本とピアノ1台
1人ずつ、3人並んでOK?オッケー
最新の声と音を織り重ねている
そんな、シアワセ〜な瞬間の連続に

少しばかりの不思議な感覚もおぼえつつ

こんな1日への感謝のココロは
かつて、そして今だって
先輩方から盗み続けている、そこのところ
『まず、手持ちのカードをしっかり切る』
今日も今日とて、いつものように
今日はチョビと、いつにも増して!



体の関節という関節はカタいくせに
なぜか、股関節だけはやわらかいもので
生きてるー!が体中を駆け巡った瞬間
またしてもの、踏み、抜く、シールドの巻

そんなわけで、ソロステージのラスト1分半ほど
生声生音ライブへ突入…したならば!
一緒に歌ってくれてるmany声が聴こえてきて

生きてるー!シアワセ〜!めぐり、めぐる

コイツ、これからやみつきになって
わざとシールドを抜いたりし…ヘイヘ〜イ!
後でしっかり叱っておきました、右足

生きていると、イロイロあるもんだね!
生きているなら学びましょう、はーい

皆さん、ありがとうございました!



2018.12.02 Sunday 00:00 | comments(0) | - | 
 | 1 / 428 PAGES | >>